伊勢丹新宿店本館1階に新しくオープンした韓国コスメのセレクトショップ「Yep’s by SEEDS MARKET」で古典文学にインスパイアされた韓国発コスメ「Dinto(ディーント)」が登場

2021年2月韓国でローンチ。ブランド名は「Deeply into」に由来し、“深み”への情熱を象徴しています。ブランドが提案するのは、過度に装飾しすぎず、深みある美しさ。自分なりの哲学と美しさをアップデートし続ける女性を称え、彼女たちの人生を彩るコスメでありたい、そんな想いが込められています。カラーラインナップは強烈すぎず、大胆すぎず、優雅でいて上品。柔らかさと繊細さのあるカラーは年齢や季節を問わず愛用でき、ひと塗りで深みと透明感を演出し、くすみや崩れのない肌を長く美しく保つことも重点に開発。


 古典文学からインスパイアされた「Dinto」の製品。アイシャドウパレットは、イギリスの女性作家ジェイン・オースティン、アメリカの女性作家ゼルダ・フィッツジェラルドの名前を付けた「#701 JANE AUSTEN」「#702 Zelda Fitzgerald」の2種あり、それぞれを構成する6色のカラーには、各作品のヒロインの名前から名付けられています。製品に込められたストーリーを介して、メイクだけでなく、毎日の生活そのものに深みや優雅さを演出するブランドでありたい、それが「Dinto」が描く世界観。

色を塗り重ねても濁らず、こなれた目元に
アイシャドウ「Blur-Finish Shadow」

 2種あるアイシャドウパレットは肌なじみの良い柔らかでソフトマットなテクスチャーで、粉飛びすることなく密着。色を重ねても濁らず、ひと塗りで透明感と深みを演出します。#701はジェイン・オースティンの作品『高慢と偏見』『分別と多感』『説得』のヒロインからインスパイアされたカラー展開。同様に、#702は、ゼルダ・フィッツジェラルドの『Miss Ella』『Southern Gir』のヒロインからインスパイアされている。
静かな湖面に滲む光を詰め込んだ
グリッター「Thoreau Floating Lights Glitter」

 グリッターは全3種。水気のない柔らかなシルキーソフトマットテクスチャーで、まるで瞼にコーティングされているかのように高密着。ヘンリー・デイヴィッド・ソローの『ウォールデン 森の生活』からインスパイアされた3色のグリッターは、ギラギラしすぎず、精巧で繊細なタッチ。どんな光の下でもほのかに発光します。
肌の上に透明感とぬくもりを表現
ブラッシャー「Blur-Finish All that Moments Blusher」

 頬にすーっと溶けるように優しく色付くブラッシャーは全4種あり、まるで水彩画のような発色が特徴。補正フィルターをかけたように、気になる肌の凹凸をカバーし、なめらかに整えます。ひと塗りですぐに色が付き、付けたてのカラーが長時間続きます。

オフライン販売のみになります

おすすめの記事