美の表現テクニックに革命をもたらした先見性ある映画監督たちからインスピレーションを得たポール・スミス2022年秋冬ウィメンズコレクション

2022年秋冬シーズンのポール・スミス ウィメンズコレクションは、アートハウス映画の豊かな世界を探求し、アバンギャルドやシュールレアリスト、ヌーヴェルヴァーグ映画、そして美の表現テクニックに革命をもたらした先見性ある映画監督たちからインスピレーションを得ています。

贅沢な質感や映画のようなパレット、別世界を思わせるようなフォトグラフィックプリントを融合し、自信に満ちた女性のためのコレクションを提案します。

今シーズンはシルエットを再定義し、圧倒的な女性らしさを表現しています。巧みなパネル使いやシーミング、スプライシング(継目)、ドレープ、そしてカラーブロッキングといった技巧により、すっきりと無駄を削ぎ落し洗練されたスタイルに仕上げています。

再びドレスアップしたいという新たな欲求を満たすオケージョンウェアは、バイアスカットされたラグジュアリーな素材を用い、印象的なプリントやカラーリングを身体に沿ったラインで取り入れることで個性を大胆に主張しています。


いままでのポール・スミス ウィメンズコレクションのテーラリングアイテムは、ボーイフレンドから借りてきたスーツジャケットのようなデザインが主流でしたが、今シーズンのジャケットはショルダーラインを強調し、ウエスト周りをソフトに仕立てることでエレガントなドレープを作り出し、女性の身体を美しく見せるようにカットされています。ブレザーやオーバーコートのウエストは、緩やかにシェイプし、ラペルにさりげないカーブをつけることで、身体の持つ自然なラインを引き立てています。

トラウザーズは、女性らしいスリムフィットに加え、ハイウエストのキックフレアや90年代を彷彿とさせるストレートレッグなど、新しいシェイプが登場します。

カラーは、ポール・スミスのコレクションがいつもそうであるように最も重要な要素で、鮮やかなブルー、レッド、グリーンは超高彩度で描かれた映画作品やカラー映画の到来を想起させる一方、氷のようなアイスブルーは初期の映画作品を彷彿とさせます。

ポール・スミスの代名詞とも言えるシグネチャーストライプは、サイクリングからインスピレーションを得たジャージトップやドレスのパネル使いで用いられています。このようにコレクション全体を通してスポーツウェアの要素に、よりフォーマルなコードを融合しています。
プリントも大きくフィーチャーしています。2022年秋冬のポール・スミス メンズコレクションのテーマを反映したジグザグのグラフィックプリントは、インターシャのモヘアセーターや、同系色のジャカードベルベットにあしらわれています。そのほか、サイケデリックに渦巻く「ソーラー フローラル」が、贅沢なベルベットに描かれた「ムーンリット パーム フローラル」や、90年代にインスピレーションを得ている「トワイライト フローラル」と並び、コレクションにより一層の華やかさをもたらしています。

Credits:
Photographer: Casper Kofi
Stylist: Nell Kalonji
Hair Stylist: Franziska Presche
Make Up Artist: Celia Burton
Model: Chu Wong
Casting: Ben Grimes Casting
Set: Daizy Azis
Production: Holmes Production

【ポール・スミス公式サイト】
https://www.paulsmith.co.jp/stories/aw22/womens-presentation【ポール・スミスSNS公式アカウント】
@paulsmithjapan

【ポール・スミスについて】
<ポール・スミス>は、英国を代表するファッションライフスタイルブランドです。
1970年、英国・ノッティンガムにてわずか3m×3mの小さなショップからスタートし、現在では60以上の国や地域でおよそ130の店舗を展開しています。「インスピレーションの源はどこにでもある」というデザイナー、ポール・スミスの言葉は、ブランド創設以来基本理念の一つとなっており、芸術、音楽、日常生活や長年愛してきたサイクリングなど多様な分野からヒントを得たデザインは、独特のアート感覚に溢れています。原点であるメンズに加え、ウィメンズ、ジュニア、アクセサリー、インテリアアイテムなどを展開し、それぞれにポール・スミスの個性溢れるデザインが息づいています。

おすすめの記事