独特のカラフルなフリースタイル絵画が特徴的なジバンシィの2022年春夏 広告キャンペーン

マシュー・M・ウィリアムズのディレクションによるイメージアートが、
ジバンシィとアメリカ人アーティスト、ジョシュ・スミスとのコラボレーションを強調

人目を引く色彩と白黒で構成される一連の画像の中で、2022年春夏レディ・トゥ・ウェアコレクションのエネルギーと、独特のカラフルなフリースタイル絵画でキャンペーンのビジュアルに破壊的な感覚をもたらすアメリカ人アーティスト、ジョシュ・スミス(Josh Smith)とジバンシィとのエキサイティングなコラボレーションを、今回のキャンペーンは捉えています。

   2022年春夏キャンペーンにはケンダル・ジェンナーが再出演。他の有名モデルと共に、キールックを身に纏い、ジバンシィの今シーズンのステートメントハンドバッグ「Kenny」を手にして登場します。しなやかな素材と複雑な構造が特徴の巾着型バッグ「Kenny」は、まさに、昼夜を問わず活躍する逸品。手作業で寄せたドレープと装飾がジバンシィのオートクチュールのサヴォアフェールを想起させる一方で、特徴的な「Gキューブ」のエレメントを配することで、マシュー・M・ウィリアムズのジバンシィに対するビジョンが反映された、現代的なバッグ。

ジバンシィの2022年春夏ウィメンズ及びメンズ、レディ・トゥ・ウェアコレクションは、クラシックであること、斬新であること、実用的であることの間に存在する溝を埋め、贅沢さと自制心、そして、伝統を重んじることと現代的であることの間に生じる緊張感を追求します。極めてシャープなシルエットのスーツ、彫刻的なペプラム、赤茶色のフィット&フレアスタイルのニット・ミニワンピース、フリンジを施したパーティー用トップスといったアイテムは、それぞれが独特の魅力を発揮する一方で、自由な筆さばきによる装飾と大胆な色使いという特徴を共有。

メンズスタイルは、力強いショルダーラインのテーラリング、フーディー、芸術的なディストレストジーンズが、ライムグリーンのダッフルバッグ「G Zip」、ブリーチ加工が施されたボトル型のセラミック・ショルダー・アクセサリー、フットウェア「Monumental Mallow」等、サバーシブなニュアンスを持つアクセサリーと組み合わせることで、より魅力的なものとなります。コレクションの多くのピースは、プリント、パターン、そしてジョシュ・スミスの特徴的なアートワークによるエネルギーに満ちています。

「今回のコレクションの、キャンペーンを含むすべての面で、私が以前からその作風と自由奔放な世界観を尊敬してやまないジョシュという人物とこれほど緊密に協力できたことを、信じ難いほど嬉しく思います。私にとって、彼の芸術的なビジョンはジバンシィの現代的な価値観を代弁するものであり、ジョシュが私に、そしてこのキャンペーンでは他にも多くの人に、彼の世界に本格的に足を踏み入れ、探検することを許してくれたことに、大いに感謝しています。」
ジバンシィ、クリエイティブ・ディレクター:マシュー・M・ウィリアムズ

おすすめの記事