帽子ブランド「CA4LA」が攻殻機動隊とコラボ。電脳世界にダイブする帽子!?

帽子ブランド「CA4LA」が、劇場版「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」の公開を記念したコラボレーションアイテムを11/12(金)にリリース!

アニメーション、ハリウッド実写映画など、大人気SFシリーズ「攻殻機動隊」。

Netflixで全世界配信中の「攻殻機動隊 SAC_2045」の劇場版作品「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」の公開を記念して、CA4LAとのコラボレーションアイテムをリリース。

攻殻機動隊×CA4LAは全3アイテム

電脳世界にダイブしていくようなイメージのプリントなど
作品のモチーフをデザインに落とし込んだコラボアイテムは映画の公開となる11月12日(金)より、アウトレットを除く全国のCA4LA直営店、オンラインショップにて発売。
※ZOZOTOWNでは11月12日(金)以降順次発売

GHOST IN THE SHELL:SAC_2045 × CA4LA CAP  ¥13,750(税込)

電脳世界にダイブしていくようなイメージのプリントや電脳化した人間の首元のジャック穴に繋がれたコードなど作品をモチーフにしたデザイン

GHOST IN THE SHELL:SAC_2045 × CA4LA HAT  ¥14,300(税込)

GHOST IN THE SHELL:SAC_2045 × CA4LA FLIGHT CAP  ¥17,600(税込)

攻殻機動隊 SAC_2045

近未来SFの金字塔「攻殻機動隊」、神山健治 × 荒牧伸志による2045年の未来像
全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる公安9課が、今再び電脳犯罪に立ち向かう

情報ネットワークとサイボーグ(義体)技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる攻性の組織、攻殻機動隊。

1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開され、その先鋭的且つ圧倒的な世界観とビジュアル表現により、全世界のクリエイターに影響を与えてきた近未来SFの金字塔が新たな未来像を提示する。

『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが集結。迫力のサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。

制作はProduction I.G × SOLA DIGITAL ARTS。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』は、2020年4月より全世界独占配信中。

CA4LA
メイドインジャパンの優れた技術から生まれたオリジナリティ溢れる帽子を作り続けるハットメーカー。『すべての人に、最高の帽子を』という願いと共に、日本独自の帽子文化を世界へと発信。
おすすめの記事