女優のケイト・ブランシェットが表紙を飾ったドイツ発のカルチャーマガジン「032c」が公開

バーバリーのチーフ・クリエイティブ・オフィサー、リカルド・ティッシがドイツ発のカルチャーマガジン「032c」のIssue #40-Winter 2021/2022(2021年12月7日発売)にて、女優ケイト・ブランシェットとともに表紙を飾りました。撮影のクリエイティブ・ディレクションはリカルド・ティッシ自身が手がけ、撮影は世界的フォトグラファーのマート&マーカスが担当。

ケイト・ブランシェットは、バーバリーの2022年春夏プレコレクションや、アイコニックなトレンチコートを着用し、圧倒的な存在感を放っています。今回の撮影は、リカルド・ティッシとケイト・ブランシェット、マート&マーカスとの長年の関係性によって実現しました。紙面では、リカルド・ティッシが、バーバリーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーになった経緯などを語っています。

おすすめの記事