健康と美味しさを追求したスイーツ!?創業140周年 白玉饅頭一筋の佐賀県元祖吉野屋がヴィーガン白玉饅頭を発売

白玉饅頭 元祖吉野屋が、創業140周年を記念して「ヴィーガン白玉饅頭」の販売を1月2日(インターネットでは自店ホームページより1月23日)から開始。

従来のグラニュー糖に代えてGI値が低い甜菜糖をはじめラカントSやデーツシロップといった自然甘味料で製作したあんこを使用した、健康志向の新商品。

糖類控えめ・グルテンフリーな上に、従来品に比べてカロリーは20%オフ。六代目とスタッフで何度も吟味を重ね、健康と美味しさを追求した満足できる商品です。

白玉饅頭は佐賀の契約農家が栽培した専用のうるち米と、北海道産の小豆で練り上げた上品なあんこで作られた素朴なお菓子です。創業以来、戦火など幾多の困難を乗り越え、地元愛され続けています。もちろん、従来から動物性原料は不使用。

ただ甘味料として使用しているグラニュー糖は小豆の風味を活かしてくれますが、ヴィーガンではありません。より体に優しい白玉饅頭作りに思いを込め、私たちは多くの素材を吟味し、GI値が低い甜菜糖をはじめ、ラカントSやデーツシロップといった天然の甘味料のブレンドに挑戦。試作に次ぐ試作を重ね、ようやく糖類控えめ・グルテンフリー、そして従来品に比べカロリー20%オフ、自然の奥深い甘さを堪能できるヴィーガン白玉饅頭が完成。

東京生まれのイラストレーター・yaeさんが描いたヴィーガン白玉饅頭のパッケージには、店舗と木、それを結ぶ印象的な線と夕日がデザインされています。記憶にある佐賀・大和町の風景や元祖吉野屋がふんわりと立ちあがってくるノスタルジックな絵になっています。

■ファンマガジン「ヴィーガンだより~佐賀・白玉の里から」創刊
創業140周年にあわせ、ファンマガジン「ヴィーガンだより」(季刊予定)を創刊しました。佐賀の六代目夫婦、編集の仕事をしている長女、長年出版に携わってきた東京営業所の親戚…吉村ファミリーが、ワイワイと力をあわせてお届けしてまいります。第1号の中面にはyaeさんのインタビューと、六代目女将のコラムを掲載。取材やご来店の際にはお渡しできると思いますので、ぜひお楽しみください。
おすすめの記事