モニカ・ベルッチやリリー・コリンズなど豪華キャストが出演者に勢揃い!カルティエ、「LOVE IS ALL」ムービーをローンチ

パリとロサンゼルス、上海でムービー撮影されたムービー「LOVE IS ALL」は「チャーリーズ・エンジェル」主演・女優_エラ・バリンズカやイタリア出身のファッションモデル_マリアカルラ・ボスコーノ、イタリア出身の女優・ファッションモデルで モニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセルの娘_モニカ・ベルッチ、ピアニスト_カティア・ブニアティシヴィリ、アメリカ人女優、モデルでフィル・コリンズの娘_リリー・コリンズ、など素晴らしいキャストが勢揃い。

新鮮で考え抜かれた軽やかなアプローチで有名なイギリスの若き監督兼ファッションフォトグラファーのシャーロット・ウェールズが監督を務めたこのムービーは、カルティエにとって大切なことを表しています。それは、各々のシンギュラリティ(唯一性)が他と合わさることで豊かになり、こうしたつながりが才能をさらに高めるという信念です。そこにはカルティエの、アートや文化に対する率直で深い思いが込められています。枠にはまらない考えを持ち、境界線を押し上げ、さまざまな障壁を越えること、私たちの人生や心を解き放ちたいという気持ちを阻害するものに打ち勝つことを、カルティエは大切にしています。

「LOVE IS ALL」は、70年代にロジャー・グローヴァーとロニー・ジェイムス・ディオが手がけたポップなメロディですが、曲の選択にも意味があります――「Everybody’s got to live together(人は誰かと生きていくもの)」。カルティエによるこのムービーは、温かみと喜びに溢れた歌詞の背景にある普遍的なメッセージを共有しながら、ファミリーが集まって祝う何よりも大切な時であるフェスティブシーズンを祝福。
それぞれ個性あふれる12人が、この喜びに満ちたメロディに自らのクリエイティビティやエネルギーを注ぎ込み、カルティエというメゾンにとって、カルチャーやアートの多様性がいかに重要かを示します。「人が集まれば、より力強くオーセンティックな魅力を放つという考えが、カルティエのフィロソフィーにあります。だからこそ祝福を込め人生を慈しむアーティストたちによる、カルティエのインスピレーション豊かなコミュミティが今回ひとつになったのです。彼らは共に、重力に逆らうようにカルティエのレッドボックスを喜びで満たしていきます」
──アルノー・カレズ(シニア ヴァイス プレジデント & チーフ マーケティング オフィサー)
おすすめの記事