ノルウェーの人気写真家【Bjørn Opsahl】とJOURNAL STANDARDのコラボ ビョーク バイ ビョルン・オプサールのビジュアルが公開。

「JOURNAL STANDARD (ジャーナル スタンダード )」がローンチした、ノルウェーの人気写真家【Bjørn Opsahl】とのコラボレーション【Bjork by Bjørn Opsahl】(ビョーク バイ ビョルン・オプサール)よりビジュアル到着。

モデルにはビョークのファンでもあるアーティストのMaika Loubté(マイカ・ルブテ)を起用。
ベイクルーズストア内のFEATUREではファッションビジュアルに加え、ビョークとの出会いや自身の音楽感、最新アルバム『Lucid Dreaming』のことまでたっぷり語ったインタビューを掲載。

ノルウェーで最も人気のある写真家の一人、Bjørn OpsahlとJOURNAL STANDARDのコラボレーションが実現。被写体は1995年、ストックホルムにて撮影されたBjörk(ビョーク) 。
同年にリリースされたアルバム、「Post」のツアーポスターに採用された写真を含め印象的なBjörk(ビョーク)の表情を捉えた3枚の写真を、鮮明にプリントした特別なコレクション。

Bjork by Bjorn Opsahl
¥10,000-(税抜)/サイズ M,L,XL/カラー BLACK,WHITE

Photo:Anton  Corbijn
Bjørn Opsahl
1968年 オスロ生まれ。
無謀ともいえるほどの大胆さと、彼の存在全体を包み込むような写真への愛情。
これがOpsahl のやり方です。
情熱的なアートフォトグラファーとして、彼は2005年に有名なHenie-Onstad Art Centreでメイン展示者としてデビューした最初の写真家。
1992年にキャリアをスタートさせて以来、あらゆるレベル、あらゆる媒体で作品を作りたいという思いから、
彼はノルウェーで最も人気のある写真家の一人となった。
彼は独立して活動し、プロジェクトを慎重に選び、自らを「文化写真家」と呼んでいます。
OpshalはBilder Nordic School of PhotographyとElvebakken High Schoolで写真と演出を教えています。
また、2005年以降、国内で何百ものワークショップや講演会を開催しています。
2011年には、スカンジナビアのトークショー「Skavlan」との仕事を開始し、その取り組みの結果、別世界のようなものが生まれました。
Opsahl の写真は、Rolling Stone、Elle、Financial Timesなどの国際的な雑誌に掲載され、世界の著名人や文化人を強烈かつ誠実に撮影することで知られています。
光沢のあるスタジオ内であろうと、戦場であろうと、常に創造の場であり続ける彼の多才さを明らかにしています。
Opsahl の作品にはそのすべてが含まれており、彼の作品は
1995年にバーベインで開催された「Bjork - Venice / Stockholm」、
2005年にヘニー・オンスタッド・アートセンターで開催された「Deadscapes」、
2009年夏にステーネシェン・ミュージアムで開催された「Ask The Dust」など、
いくつかの展覧会で紹介されています。
2015年には、ロックグループとの22年にわたるコラボレーションを記録した書籍「Seigmenn」をCappelen-Dammから出版。
Bjørn Opsahl は、ライカカメラのスカンジナビア・アンバサダーであり、ProFotoやInterfotoとコラボレーションしている。
おすすめの記事