ティファニーがBLACKPINKのROSÉを起用した、最新のティファニー ハードウェア キャンペーンを発表

ティファニー ハードウェア コレクションから、ダイヤモンドが贅沢にあしらわれた大胆なスタイルが登場いたします。

ティファニーは、グローバルアンバサダーを務めるBLACKPINK(ブラックピンク)のROSÉ(ロゼ)を起用した、最新のティファニー ハードウェア キャンペーンを発表いたします。ROSÉにとって第2弾となる今回のキャンペーンは、ニューヨークを舞台にMario Sorento(マリオ・ソレンティ)が撮影しました。グローバルアンバサダーとしてデビューを飾った2021年の同キャンペーンでROSÉが残したパワフルな印象はそのままに、その姿勢とエネルギーをさらに押し進めたものとなります。ダイヤモンドを贅沢にあしらった最新のデザインを身に着けたROSÉを、あえて荒涼とした還元主義的な空間で撮影したポートレートは、親密でパワフルな印象に仕上がっています。

ティファニー ハードウェアは、2017年にデビューして以来、ティファニーを代表するジュエリーコレクションの一つです。ティファニーのアーカイブである1971年のブレスレットを基にしたアイコニックなゲージリンクとインダストリアルな形状は、ニューヨークのみなぎるパワーとエッジ、ストリート性の持つ反逆的なエネルギーへのオマージュとなります。どんなに型破りな印象を与えるティファニー ハードウェアであっても、コレクションを特徴づけるフェミニンな精神が、エレガントで洗練されたデザインで表現されています。

今回のキャンペーンでROSÉは、パヴェダイヤモンドがセットされた新作ティファニー ハードウェアのスタイルに加えて、今年発売予定のブラックチタンと18Kローズゴールド、ダイヤモンドを組み合わせたリンクが印象的なネックレスやブレスレット、またフルパヴェのダイヤモンドスタイルも着用しています。

2022年ティファニー ハードウェア キャンペーンは、ティファニーの各種メディアで世界的に公開されます。

おすすめの記事