ティファニー、ハイジュエリーキャンペーンイスラエルの女優ガル・ガドットを起用

比類なきダイヤモンドが輝く「ブルーブック2022 -ボタニカ-」コレクションを着用したビジュアルを公開

ティファニーは、女優のガル・ガドットを起用した最新のハイジュエリーキャンペーンビジュアルを公開しました。このキャンペーンでは、ティファニーの最高峰のハイジュエリーコレクション「ブルーブック2022 -ボタニカ-」から、ガドットが眩い新作ハイジュエリーを纏ったビジュアルで見る人を魅了します。新作ブルー ブック コレクションを代表するピースである、タンポポから着想を得たダイヤモンド ネックレス(5通りのユニークなピースへと形を変える変幻自在なデザイン)や、同じく組み替え可能なオーキッド ブローチ、アザミをイメージしたダイヤモンドとサファイヤのネックレスなどを、シンプルな背景の中で印象的に纏うガドットの姿が捉えられています。

「新作ブルー ブック ハイジュエリーキャンペーンに起用されたことは、大変名誉なことであり、ティファニーが誇る最高峰のハイジュエリーコレクションを纏うことを、とても幸せに感じています」とガル・ガドットは述べています。

このキャンペーンは、ティファニーとガドットとの広告を通じての初めての冒険となります。ガドットは今回、ブルー ブックの新作ピースに加え、コレクションを構成するジャン・シュランバージェの傑作である、アイコニックなバード オン ア ロック ブローチとフルラージュ ブレスレットも着用しています。フルラージュ ブレスレットは、ジャン・シュランバージェが伝説的「ティファニー ダイヤモンド」をセットするために起こしたスケッチをもとに、ティファニーの職人たちが今回初めてデザインに命を吹き込んだものです。

「ガル・ガドットは、ティファニーにとってアンバサダー以上の存在です。彼女は、ブルー ブックを象徴する、エフォートレスでグラマラスな魅力、究極の洗練、モダニティを体現しているからです。彼女をキャンペーンの顔として迎えることができ、大変嬉しく思っています」とティファニーのプロダクト&コミュニケーション部門エグゼクティブ ヴァイス プレジデントであるアレクサンドル・アルノーは述べています。

このキャンペーンは、ティファニーの公式ホームページ、公式ソーシャルメディアに加えて、各プリント・デジタルメディアを通して、世界的にローンチいたします。

おすすめの記事