クロエ・グレース・モレッツ、エイサップ・ナストら豪華ゲストがルイ·ヴィトンの新作フレグランス「シティ オブ スターズ」イベントに来場
ハイム姉妹、クロエ・グレース・モレッツ、イブ・ジョブズ ©LOUIS VUITTON

アメリカ・ロサンゼルスのアカデミー映画博物館にて、最新フレグランス「City of Stars(シティ オブ スターズ)」の発表イベントが開催されました。

今回お披露目されたのは、ルイ・ヴィトンのユニセックスのフレグランス・コレクション「Parfums de Cologne(パルファン・ド・コローニュ)」に、新たに加わる6作目のフレグランス。ブラッドオレンジ、レモン、マンダリン・レッド、ベルガモット、ライムの5つのシトラスをメインに構成され、コレクションのインスピレーションであるロサンゼルスの夜を彷彿とさせる、フレッシュな香りが特徴です。

同イベントにはメゾンのインハウス・マスター・パフューマーであるジャック・キャヴァリエ・ベルトリュード、そして同コレクションでコラボレーションをするLA在住のアーティスト、アレックス・イスラエルをはじめ、クロエ・グレース・モレッツ、エイサップ・ナスト含む多くのゲストが来場しました。

左から:
ミゲル、マリア・バカローヴァ、エイサップ・ナスト
左から:
ルカ・サバト、テイラー・ザハール・ペレス、ブレイク・グレイ、アメリ・ジルバー
左から:
ノア・ベック、ファイ・カドラ、アレイリ・メイ
左から:
ザック・ビア、シミ&ヘイズ、サミ・ミロ
左から:
カーウィン・フロスト、デルフィン

ミア・モレッティ

【ルイ・ヴィトンについて】
1854年創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを、常に最高級な品質で提供しつづけています。現在でも、ルイ・ヴィトンは、トラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながら、エレガントで、実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」の精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは、「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、ファッションアイテムやファインジュエリーをはじめとした多岐にわたる分野を展開しています。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。

【問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

おすすめの記事