イタリアを代表するラグジュアリーブランドFENDIの2022年春夏ウィメンズ広告キャンペーンは鮮やかな色彩と陽気な雰囲気が心躍る!

イタリア・ローマ(Rome)を代表するラグジュアリーブランド フェンディ(FENDI)の2022年春夏ウィメンズ広告キャンペーンは、コレクションを特徴づける、楽しさにあふれた大胆不敵さとパワフルな女性像に対する賛美を鮮やかな色彩と陽気な雰囲気を通して伝えます。ロニー・クーク・ニューハウス(Ronnie Cooke Newhouse)とカール・ボーランダー(Karl Bolander)がクリエイティブを指揮し、クレイグ・マクディーン(Craig McDean)が撮影した写真とビデオは、クチュールおよびウィメンズウェアのアーティスティック ディレクター キム・ジョーンズ(Kim Jones)アクセサリーおよびメンズウェア部門のアーティスティック ディレクター、シルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)、そしてジュエリー アーティスティック ディレクターのデルフィナ・デレトレズ・フェンディ(Delfina Delettrez Fendi)がデザインを手がけたコレクションと同じ美意識を映し出しています。

キャンペーンでは、ヴィットリア・チェレッティ(Vittoria Ceretti)、イーラン・ホワ(Yilan Hua)、バーバラ・ヴァレンテ(Barbara Valente)、リアン・ヴァン・ロンパエイ(Rianne Van Rompaey)、およびアノック・ヤイ(Anok Yai)をフィーチャーし陽気でリラックスしたムードのスタジオで撮影されました。彼女たちは、ホワイトとブルーの美しいグラデーションや赤い雲のような形のグラフィックを背景に、5人集合したり、あるいは1人で登場。

インスピレーション源となった、幻想的な作風で知られるファッションイラストレーター アントニオ・ロペス(Antonio Lopez)の手描きロゴは、彼の解放された感性と、伝説的ナイトクラブ「スタジオ54(Studio 54)」の雰囲気が表現されており、フェンディのアーカイブで見つかったもの。これを出発点として、ディスコ全盛期の幻惑的な魅力を現代的観点でとらえ、多様性に富みパワフルな女性像にスポットライトを当てるコレクションが誕生。

キャンペーンに登場するシグネチャールックは、エステート・アンド・アーカイブ・オブ・アントニオ・ロペス・アンド・ファン・ラモス(The Estate and Archive of Antonio Lopez and Juan Ramos)と同じビジョンを共有しています。ロペスの身振りを巧みに描き出す筆使いから生まれたエレガントな抽象的デザインと、比喩的なドローイングがシャツ地とレザーのインレーに写し取られ、手描きのFENDIロゴはキャンディカラーの斜めストライプにもあしらわれています。フェンディを代表するアイコンバッグは、彼の作品とメゾンのアトリエの名高きサヴォアフェールのためのキャンバスとなりまさにグラフィックなアートピースが完成た。

自信にあふれた女性を賛美するフェンディ2022年春夏ウィメンズ広告キャンペーンは、2022年2月より世界各国にて披露される予定。

おすすめの記事