イギリスを代表するファッションブランド バーバリーが自己表現力を追求した2022年春夏キャンペーンを発表

「2022年春夏シーズンのショーは、メンズウェア・ウィメンズウェアともに、美しいサウンドスケープとコントラストを成す、感情的なエネルギーをもたせていました。私はキャンペーンでもこの対話を続けたいと思いました。まるでイメージをフリックするように、マート&マーカスの純粋な若々しいエネルギーと、クリス・ローズの荒削りな若いスピリットの対比を描いています。世界中がロックダウンなどを乗り越えてきた今、このキャンペーンを通して、人々に夢見る自由や、若さを感じて生きる自由など、何かを感じ取って欲しいと思ったのです。このキャンペーンは美しいダンスのように、力強い生命力に満ちた剥き出しのエネルギーをもっており、それはまるで目覚めのようなエネルギーなのです」
リカルド・ティッシ、バーバリー チーフ・クリエイティブ・オフィサー

バーバリーは自己表現力を追求した2022年春夏キャンペーンを発表しました。

ハウスコードである二面性を体現すべく、メンズウェア・ウィメンズウェアのコレクションがさまざまな視点から捉えられています。2人のフォトグラファーによる独自のアーティスティックな解釈が架け橋となり、マート&マーカスのシンプルなスタジオショットと、プレゼンテーションのバックステージで撮影された親密感のあるクリス・ローズのスナップショットが対比される形で展開されます。それぞれ別の観点から見た彼らの異なる見解がコレクション自体を変化させています。

リカルド・ティッシが手がけたバーバリーの2022年春夏コレクションは、女性らしさと男性らしさにまつわるストーリーを用いてアイデンティティという考えをさらに深く探究し、自己表現の流動性とそれがもつパワーを強調しています。コレクションは、伝統的かつアイコニックなシルエットがデコンストラクトされて強く印象的なシルエットに再構築され、若々しくセンシュアルなエネルギーで満ちています。

キャンペーンは、コレクションのテーマに基づいて大胆なシェイプやディテールにフォーカスし、モデルは統一感のあるグループで撮影されました。表現の自由、強さ、パワーを込めた自信に満ちたアティチュードが具現化されています。

おすすめの記事