【ジョルジオ アルマーニ】2022-23秋冬ランウェイコレクションの展開がスタート

ウクライナの状況を鑑み、過去に類をみない無音でのショーを開催し大きな話題を呼んだジョルジオ アルマーニの2022-23秋冬コレクション。「光のサイン」をテーマに、静寂な中、美しい輝きをランウェイにもたらしたジョルジオ アルマーニのランウェイアイテムの店頭展開がスタートしました。

ジョルジオ アルマーニ 2022-23秋冬コレクションのテーマは「光のサイン」。あらゆる素材を駆使し、美しい「光」をまとったランウェイピースが店頭に華やかさをもたらします。

 メタリックな輝きがフューチャリスティックな印象のルックは、余分なものを削ぎ落すことで生まれるエレガンスに焦点を当てています。ジャケットにグラデーションで描かれている幾何学的なパターンはシンプルなルックに個性をプラスします。細身に仕上げられたジャケット、パンツは縦長のシルエットを強調しています。

ジョルジオ・アルマーニが自身のスタイルを象徴するエッセンスを取り入れたスライドオフショルダーのジャケットは、アールデコが持つ、儚さ、直線性、モダニズムを強調するものです。大きくあいた襟元がエレガントなジャケットは、ラペルとのコントラストカラーやジャカードのジオメトリック柄、ミニマルなシルエットが特徴です。ベルベットのパンツや、スパンコールレギンスといった特徴ある異素材との合わせが今年流です。

                          ジャケット¥572,000 シャツ¥214,500 パンツ¥297,000 (全て税込)

卓越したカリスマ性を持ちアールデコの代表作家でもあるポーランドの画家タマラ・ド・レンピッカの芸術的なセンスからインスパイアされたコレクションも登場です。現代的なアティチュードを加えたこちらのルックは生地を斜めに使用したダイアグナルプリーツが印象的です。
ジャケットでありながら、ソフトな素材でナチュラルにフィットするジャケットとハイウエストでほどよいボリューム感のあるパンツとのセットアップがもたらすフェミニンさとコンテンポラリーなムードは女性解放の象徴ともいえるタマラ・ド・レンピッカのようです。また、アシンメトリーにカッティングされた裾のデザインは縦のラインを美しく強調します。

                                          ジャケット¥429,000 パンツ¥297,000 (全て税込)

滑らかで美しいシルクがオールインワンでありながらまるでイブニングドレスのような華やかさを表現したルックも登場しました。柔らかな素材、美しいカラーとカッティングの卓越したコンビネーションはジョルジオ・アルマーニが日頃から大切にする「着心地の良さ」も叶えます。また、シルクが持つ控えめな光沢感はルック全体に上質な輝きをもたらし、ビジューやサテンなど華やかな光沢とはまた違った「光」を店頭に放ちます。

                                        オールインワン¥572,000 コート¥957,000 (全て税込)

MAGAZINE
おすすめの記事